スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
リフォーム その後
日暮里-2


日暮里でリフォームをさせていただいた家に
先週お伺いしてきました。

なかなかブログにアップできてませんでしたが、
2月初めから住みはじめていらっしゃるので、
4ヶ月ほどが過ぎました。

テーブルとイスではなく、
床に座った生活をしたいということで、
いつも気持ちよくいられるように、
床には杉のムク板を張っています。

杉という木には赤っぽい部分を白い部分があるので、
最初はこの写真のようにそれが混ざった感じですが、
数年経つとだんだんとどちらも色がアメ色に変化してくるので、
差があまりわからなくなってきます。
この経年変化がムクの木のいいところのひとつだと思います。

限られた予算の中でのリフォームの場合、
どこにその予算を配分するのかは
人によってかなり分かれるところです。

この家(中古住宅を購入)の場合、
前の住人の方がその前に一度リフォームをしていたので、
フローリングはしっかりしていてきれいでした。
(でもツルツルピカピカの合板フローリング。
 ムク板のような気持ちのよさはありません。)

なので、
床はもとのまま残して、
たとえば設備機器を新しくするとか、
家具をつくるとか、
人によっては他の選択もあったのでしょうが、

私はこの家に最初に伺ったときから、
床材は絶対にムク材にしたい!
と思っていました。
毎日の生活の中で必ずふれているところですから、
そのことによる気持ちのよさはとても大きいのです。

お住まいになる方にも同じように思っていただけて、
結果このようなムク材の床の家となりました。
設備機器や家具は住みはじめて
予算ができてから変えてもいいので、
まずは建物の大切な部分にきちんとと予算をかけたいと。

日暮里-1


そして。
その後はこの座卓を囲んで宴会になり、
おいしいお肉(水泳・北島選手のご実家のお店だそうです)を
お腹いっぱいいただいてしまいました。
ごちそうさまでした!

こうやってできあがった空間で、
食事したり、おしゃべりしたりして過ごす時間は
その仕事をやっていてよかったと思える
最高に幸せなひとときです。

本当にありがとうございます。
スポンサーサイト
06/05 11:16 |   3.日暮里の家 | CM:0 | TB:0
できることは自分で
塗装


リフォーム(戸建)、工事が終わりました。

床には飯能(埼玉)の杉の木を張っています。
板の幅は17センチくらいあり、
一般的なものよりも幅広なので、
全体が広くすっきりとした印象になったと思います。

床には自然塗料を住まい手が自分たちで塗りました。
できることは自分たちで。
もちろん私も参加で。

日頃の運動不足の結果、
次の日には腰が痛くてどうしようもなくなったことは
言うまでもありません(泣)
でもものすごい充実感です。

ちょっと見えている窓ともうひとつの窓には
障子が入ります。

もうちょっとで入るかと思います。
(ゴメンなさい)
03/06 23:00 |   3.日暮里の家 | CM:0 | TB:0
リフォーム
階段窓


年明けから、
日暮里(東京)でリフォーム工事を進めています。

戸建住宅のリフォーム。

東側の敷地は現在は建物が建っていませんが、
おそらく以前はかなり接近して建っていたのでしょう。

今回リフォームしているこの家の東側の壁には
全く窓がありませんでした。
せっかく午前中は光が差し込むはずなのに。
なので、窓を新しくつけました。

新築の工事では、
壁をどんどん閉じていくことで残りが窓になるのに、
リフォームでは、
壁に穴をあけて、急に窓が出現。

なんだか不思議な感覚ですが、
ひとつの窓をこれだけありがたいと感じるのは、
工事前の状況と常に比較して見ている
リフォームならではだと思います。

リフォーム


ただ今現場はこんな感じでラストスパート!

施工はまたまたこの方たちにお世話になりました。
いつも気持ちのいいお仕事をありがとうございます。
02/04 20:13 |   3.日暮里の家 | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。