スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
1年点検
1年

ブログをかいていない間、たくさんのことがありました。

日進の家の1年点検。
といっても、お伺いしたのは5月ですから、
もう5ヶ月近くも前・・・。

(今さらだとは思うのですが、)
1年経って、家がだんだんと暮らしになじんできているように見えました。
大切に丁寧に暮らしていらっしゃる様子がうかがえましたし、
お住まいになっている方から、
とても暮らしやすいと言っていただき、
うれしく、ホッとしたのでした。


1年後にどのように変化したか気になっていたことのひとつが、床板。
この家では1階の居間・食堂部分に床暖房を入れているのですが、
ムクの床板(桧)を使っています。
ムク板なので合板フローリングと比較すると
乾燥して板と板の間に多少の隙間ができることもありますが、
この日見せていただいたところ、問題のない状況でした。
ホッ。

一般的に床暖房用のムク床板というと、
特別に含水率(木がどのくらい水を含んでいるか)の低い、
床暖房用として販売されているものを使うということになっていますが、
普通の床材に比べてとてもとても高価なので、
なかなか使うことがむずかしい。

なので、床暖房用として販売されている程ではないのですが、
よく乾燥した材料を選んで、
最初の年は床暖房の温度を低めに設定して使っていただくようにしています。

合板フローリングであれば隙間が開く心配はありませんが、
やっぱりムク板の方がぜったいに気持ちいいですものね。


そしてお庭。
伺ったのが新緑の時期のとてもよく晴れた日でしたので、
葉がキラキラと輝いていて、家をとてもやさしく感じさせてくれていました。
1年経ってますます美しく成長していました。
絶妙な配置と枝ぶり、樹の選び方。さすがです。

現在工事が進行中の流山の家も
日進の家と同じ造園家の方にお庭をつくっていただくことになっているので、
それも今からとても楽しみです。
スポンサーサイト
10/13 23:00 |   6.日進の家 | CM:0
しつらえ
外

日進の家の玄関まわりの写真です。

これは植栽してすぐの時期(6月頃)の写真なので、
まだ土の部分が見えていますが、
もう少し時間が経つとだんだんと植物が育ってきて、
足もとが緑に包まれたいい雰囲気になっていきます。


そして、この玄関の奥はこんな空間。

genkan

天井の板張りが外側から室内まで連続していて
それが玄関上のガラスを通して見えようにすることで、
広がりを感じられるようにしています。


これはつい先日(12月)お伺いした時の写真ですが、
正面の飾り棚にはクリスマスイメージのお花のしつらえ。
建主さんはお花をやっていらっしゃる方なので、
いつも季節を感じさせてくれる花が飾られていて、
訪問するたびにうれしい気持ちになります。


最近はきちんとした和室や床の間をつくる家が
少なくなってきましたが、
他の場所にでもこうやって飾る場所をつくることで、
お客様をお迎えする気持ちをあらわしたり、
お住まいになる方自身が生活を楽しんだり、
毎日の暮らしを楽しめる家になるのではないかと思います。


居間もあちこちがクリスマスインテリアになっていて、
見ているだけでとても幸せな気持ちになりましたし、
家もとってもよろこんでいるように見えました。
12/14 23:00 |   6.日進の家 | CM:2
植栽
デッキ

日進の家の庭についてかいた先日のブログ
現在家を建築中の友人が目にしてくれて、
それがきっかけで、
同じ造園家の方に植栽をお願いすることになったと
先日連絡がありました。

家って、建物自体だけではなく、
庭や家具、照明などといった家のまわりのものによって
大きくかわってくるので、
友人の家づくりが更に豊かなものになりそうで、
本当によかったと思います。
07/21 23:00 |   6.日進の家 | CM:2
デッキ
リビング

ひき続き、日進の家の写真です。

台所、食堂、居間がつながった大きな空間になっているのですが、
より広がりを感じられるように
居間の先にはデッキが続きます。
07/20 23:00 |   6.日進の家 | CM:0
ようやく
ダイニング

5月にお引渡しになった家に伺ってきました。

見学会をさせていただいた時には未完成だった
外構と造園の工事もおわり、
少し残っていた工事もおわり、
ようやくひと区切りです。

ダイニングテーブルとイス(手前の2脚)は
今回もこの方につくっていただきました。

ご近所に住むご家族がいらしたり、
お友達がたくさんいらしたりすることも多いようなので、
かなり大きめのこのテーブルも
きっとちょうどいいくらいなのではないかと思います。


先日はこの方と一緒にお伺いして、
すっかりごちそうになってしまいました。

食事

居心地がよくって(←自分で言うな!)、
楽しくって、
だいぶ長居をしてしまったのでした。

設計者として、こんな時間がとっても幸せ。
本当にありがたいことです。
07/18 23:00 |   6.日進の家 | CM:2
庭

先月お引渡しをした日進の家、
板塀などの外構の工事がほぼ終わり、
この日から植栽がはじまりました。

緑が入ると急に建物がいきいきとしてきますね。
外観も大きくかわりますし、
なにより家の中にいるときの気分が大きく違ってきます。

エゴノキ、アオダモ、シロモジ、アオハダ、
ザイフリボク、ミツバツツジ、ブルーベリー、
・・・

といった落葉樹を中心とした
すっきりきれいなお庭になりそうです。

植栽はこの方にお願いしました。

同じ樹種でも選び方、組み合わせ方、植え方で
全く違うものになってしまうことを
あらためて感じながら植える作業をながめていました。
やはりさすがです。
06/10 23:00 |   6.日進の家 | CM:2
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。