スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
HP更新しました

IMG_9548-W.jpg

ホームページの設計事例に「館林の家」を追加しました。

ゆとりのある敷地に建つ平屋の住宅です。

この敷地のところで道路が終わっていて行き止まりのため、
隣地の人以外は通行する人がなくてとても静かな土地なので、
素直に南側に開放的な大きな窓をつくり、
十分な明るさと日あたりをとることができました。

写真奥に少し写っているのが書斎コーナーです。
パソコン作業などをするための机や本棚が入っています。
居間からは1段下がっていて、天井が低く小さく囲われたスペースなので、
居間の開放的な雰囲気とは違った落ち着きのある場所です。

館林は夏の暑さも冬の寒さもきびしい地域なので断熱も十分に施工しました。
先日お伺いした時には、冬はあたたかく過ごせて、
光熱費も下がったといううれしいお声をいただきました。


館林(群馬県)へは子供のころに一度行ったきりで、
この家の設計がはじまるまで館林のことはほとんどよく知らなかったのですが、
打ち合わせや現場監理で訪れるたびにおいしいお店や素敵なカフェなどに
連れていっていただき、館林のよさを垣間見せていただくことができました。
いやー、ホント楽しかったです。

いつも自分がいるエリアから離れたところでのお仕事は
新しい発見があってとても楽しい現場通いでした。



 館林の家
    設計・監理 : いろは設計室
    施工 : 関口建設

スポンサーサイト
04/28 23:00 |   12.館林の家 | CM:0
完成しました!

IMG_9493-W.jpg

昨年から工事を進めていました「館林の家」。

ここにアップするのがだいぶ遅くなってしまいましたが、
2月中旬に工事が終わり、完成しました。

お引越しからひと月ほどたった今日、
残工事の確認もかねてお伺いし、写真の撮影をさせていただきました。

上の写真はキッチンからリビング・ダイニングの方向をみたところです。
キッチンと食卓(座卓)の関係や、
その間にあるカウンターテーブルとの関係がちょうどよくなるように、
キッチンの床を1段下げてつくりました。

このキッチンからの眺めやダイニングとの関係がとっても好きなので
今日の撮影はここからスタートしました。

暮らしが始まった家にお伺いすると、
これまで「モノ」だった家にいのちが吹き込まれて、
いきいきとしているのが感じられ、
この家づくりに関われてよかったと実感できるうれしい瞬間です。

この家での暮らしをとても楽しんでいらっしゃる様子をお伺いできて、
とっても幸せな1日でした。


「館林の家」
  設計・監理:いろは設計室
  施工:株式会社 関口建設

03/17 23:00 |   12.館林の家 | CM:0
玄関扉

DSC09316-W.jpg

館林(群馬県)で工事が進んでいる住宅の現場へ行ってきました。
あと3週間くらいでお引渡しとなる予定です。

この日は内部の壁紙を貼る工事がおこなわれていて
どんどんと現場が家らしくなってきています。


そして玄関扉の取り付けも終わっていました。
今回は米杉という樹種の木を使ってつくっていただきました。
(これから塗装します。)
外壁のガルバリウム鋼板との相性もとってもいいですね。

玄関は家の顔になる部分ですし、
帰ってきた時にいちばん最初にさわるところでもあるので、
ムク板でつくり、いい金物を使って製作するようにしています。

今回も堀商店という金物メーカーのレバーハンドルです。
やっぱりかっこいい!
01/26 23:00 |   12.館林の家 | CM:0
書斎

IMG_8610-W.jpg

現在木工事(大工さんの工事)が進行中の館林の家。

窓の取り付けが始まり、
そして屋根の断熱工事が終わったところです。

屋根断熱はセルロースファイバー(新聞古紙を再利用してつくられた断熱材)を吹き込みました。
隙間なく隅までぴったりと断熱材がつまっています。
この家の建つ群馬県館林市は特に夏の暑さが厳しいところなので、きっとこの断熱の効果は大きいはず。

写真の場所は書斎。
居間からつながるスペースなのですが、床が他のところよりも1段低くなっているちょっと小さめの落ち着きのある場所です。
大きな場所もいいですが、こんな小さくてこもれるような場所が好きなので、出来上がりがとっても楽しみです。
11/05 23:00 |   12.館林の家 | CM:0
平屋
tatebayashi-1

今年の初めから設計をスタートしていました館林の家が先週上棟しました。

この家は敷地にゆとりがあることもあり、平屋です。
平屋は階段での上下の移動がなく生活がしやすいですし、
外観がキュッとまとまった控えめな感じになることもあり、
私は平屋がとても好きです。

とはいえ、敷地条件などからなかなか実現しにくく、
独立してから設計した家では初めての平屋です。

上棟の日に組み上げられた家のカタチを見ながら、
しみじみといいバランスだなぁと思いました。
この家では屋根勾配も緩くすることができたので、
その影響もとても大きいです。

このおだやかな家のたたずまいが、
お住まいになるご家族のやさしくおだやかな雰囲気にとても合っているように思い、
そのことを実感できたうれしい上棟の日でした。



館林の家
   設計・監理:いろは設計室
   施工: 関口建設



09/26 22:00 |   12.館林の家 | CM:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。