スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
8人のケンチクカ展
イベントのお知らせです。



サイズ変更ウィザード-1



「あいらぼ」は建築家を身近に感じてもらうための「暮らしの学校」や、
まちづくりプロジェクトなどの活動を行っている集まりです。
HPはこちら

活動内容や、メンバーそれぞれのことを知っていただこうということで、
「8人のケンチクカ展」というイベントをやります。

これまでの仕事の展示だけではなく、
実在する敷地に8人がそれぞれ設計した家をご提案します。
同じ敷地、同じ条件であっても、アイディアは様々ですので、
それぞれのこだわりや考え方を感じていただければと思います。


日時:8月24日(日)から31日(日)まで
    10:00から17:00 
(24日は15:00から、31日は16:00まで)

会場:相羽建設の「あいばこ」
    東京都東村山市栄町3-2-5 1階
(西武新宿線 久米川駅より徒歩7分)

詳しくはこちら


私は以下の日程に会場にいる予定です。
8月24日(日) 15時~17時
8月28日(木) 13時~17時
8月30日(土) 13時~17時
8月31日(日) 13時~16時

建築のご相談やお話をお伺いすることもできますので、
ぜひお気軽にお越しくださいませ。
(上記以外の時間でご希望がありましたらご連絡ください。)


お待ちしております!

スポンサーサイト
08/13 09:00 | 家・建築 | CM:0
新緑

IMG_3134-W.jpg
「流山の家」


新緑がきれいな季節ですね。
街を歩いていてもキラキラと光る緑がとってもきれいです。


先日「流山の家」と「森の診療所・カフェ」を取材していただきました。
家が出来上がった時にはまだ隙間があった庭木がこの数年でぐんぐん成長し、
道路からの目隠しになるくらいまでになっていました。
(流山の家は完成してから約3年です。)

常緑の木も落葉の木も両方混ざっているのですが、、
どれも樹形や葉っぱがさらっとしているものばかりなので、
つくり込んだ庭という感じではなく、自然な雰囲気の庭ができあがっていました。

IMG_3112-W.jpg
「流山の家」


IMG_3127-W.jpg
「流山の家」

この家は敷地が道路よりも少し高いため、道路側は基礎のコンクリートが見えている部分が多いのですが、
植物がかなり成長して家の足元をかくしてくれて、とてもやわらかい感じになっていました。



IMG_3176-W.jpg
「森の診療所・カフェ」


「森の診療所」は完成してから約6年。
最初は平屋の建物の屋根よりも低かった木が、2階の屋根よりも高くなっています。
それぞれの建物の間にも木々がどんどん育っていて、本当に森の中にいるような気持ちになりました。


IMG_3159-W.jpg
「森のカフェ」


天気がとってもよく、本当に気持ちのいい1日でした。

05/12 22:00 | 家・建築 | CM:0

kyoto1110

以前通りかかった家の塀の写真なのですが、
石積みと板塀の境目あたりにちょっと植物が植えてありました。
このあたり一体はそんな家が多くて、街全体がいい雰囲気でした。

家をつくるときには、
自分の家の内側のことだけではなく、
周りに住むの人のことや、道を通り過ぎる人のことも考えて、
少しでもいい環境がつくれるといいなぁと思っています。
11/05 23:00 | 家・建築 | CM:0
もうすぐ
kawa

ホント暑い日が続いてますね。

事務所は川に面しているいうこともあってか、
朝夕はわりと涼しく過ごせているのですが、
窓に庇がないので昼間は直射日光がものすごいです。
あついー。

建物をつくる上での基本的だけれども大切なことを実感して、
あらためて考えさせられます。


さて。
昨年から打ち合わせを進めていましたリフォーム計画、
いろいろと調整に時間がかかっていましたが、
ようやく工事がはじまりそうです。

予算を調整する中では、
当初予定していたものを中止したり、
お住まいになる方がご自身で工事する部分を増やしたり、
そんな変更がいっぱいありましたが、

そのやりとりを重ねていく中で、
本当に必要なもの、
あったらいいけどなくてもいいと思えるもの、など、
よくよく吟味していくことができたのは
とてもいいことだったのではないかと思います。
07/12 23:00 | 家・建築 | CM:2
製材
seizai

昨年から今年にかけて買っていた木(丸太)を製材するために
いつもお世話になっているオグラさんへ行ってきました。

今回製材したのは、オニグルミの木を3本。
どれも直径が50センチくらい、長さが2メートル以上あるので、
1枚でカウンターに使ったり、
2枚をはぎ合わせてテーブルにしたりできます。

丸太の状態で購入しているので、
製材する時には、中がどうなっているのかいつもドキドキします。
今回はどれもきれいな木でしたが、
特に上の写真の1本は節もなく、木目も美しかったので、
今後乾燥してから使用するのがとても楽しみです。

ムクの木の厚さは、
使う場所によって適切な寸法がありますし、
人によって好みがあると思いますが、
こうして丸太で購入して製材する場合は、
自分が設計の中で使う時にほしい寸法を想定しながら製材できるので、
ムダなく木を使うことができているのではないかと思います。
07/08 23:00 | 家・建築 | CM:0
大切に、丁寧に
W

昨日軽井沢で見学させていただいた山荘。

1970年竣工ですから、
もう40年経った建物なのですが、
お使いになる方の代が変わっても
大切に丁寧にされていることが伝わってきました。

以前から本で写真や図面を見て想像していたよりも
さらに居心地のいい空間で、
設計の細やかさや気持ちのよさなどに感動するとともに、
それが時間を経ても美しく維持されていることにも
とても心を打たれました。

10/17 23:00 | 家・建築 | CM:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。