スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
一流

前日の日記で紹介した本「感動力」の中に、

こんなことが書かれていました。



    一流の役者は、特別な表現をしないのだそうです。
 
    普通のことを 「特別にうまく」 表現するのです。
              
                   平野秀典著「感動力」



ホントその通りだなぁと思うのです。


これって役者さんだけではなく、

料理でも、デザインでも、建築でも、

いろんなことにおいてもあてはまるなぁと。



建築について考えてみても、

いかに変わったことや奇抜なことをやるのかを競っても、

それが本当にいいものかどうか・・・。



普通のことを、特別にうまく表現できるように、なりたいものです。  

スポンサーサイト
02/26 23:00 | 本・言葉 | CM:6 | TB:0
感動力

感動力

最近読んだ本。

「感動力」 平野秀典 著



「感動力」とは、

人を感動させる力のことだそうです。

この本には、

感動させるためのテクニックが書いてあるわけではなく、

「感動力」高める考え方や心掛けについて書かれています。



読み終わってみて、

仕事でも、プライベートでも、

相手が望むことや期待していることに応えることは当然のことで、

その期待をできるだけ高ーくこえることをいつも心掛ける、

なんてことをいろいろと考えています。

おもしろい本でした。



     テクニックで 「伝える」 ことはできます。

     しかし、「伝わる」とはテクニックではないのです。

                  平野秀典著「感動力」より

02/25 23:00 | 本・言葉 | CM:2 | TB:0
ここのところ

ここのところ、

今設計中の家の材料や納まりや寸法などを、

あれこれと考えています。



最近出会った、いいなぁと思うもの、

ずっとやってみたいと思っていたこと、

今までもずっと使っていたもの。



そんなことがたくさんあるのですけど、

でも、あれもこれも全部になってしまうと、

まとまりのつかないものになってしまうので、

どうしようかといろいろ考えているところ。



できるだけ単純で、

要素は少なくあるけれど、

きちんと考えてつくり込んでいきながらも、

そのつくり込んだことが前面に出ないような、

なんでもないような感じがして、

でも、ピシッとするような、

そんな家になるといいなと思いを込めながら、

今日も図面をかいています。

02/22 23:00 | 家・建築 | CM:0 | TB:0
残念

建主さんとの打ち合わせ。

具体的なことをいろいろと決定していく段階なので、

話が盛り上がっていき、

気付いたら外は暗くなりはじめ・・・。



ということで、行きたかった「奈良のたからもの展」へは行けなかったのでした(泣)



残念でしたけど、

打ち合わせがいい方向へ進んでいったのでよかったということで。

02/18 23:50 | いろいろ | CM:4 | TB:0
最近のお出掛け

as it is 1

最近ブログ更新をサボリがちですが、その間に出掛けたところをいくつか。



千葉県長生郡という、ちょっと東京からは遠いところにある、

museum as it is 

現在の展示は、山口信博さんの「白の消息」

グラフィックデザイナーの方なのですが、

以前からこの方の本の装丁や、ページデザインがすごく好きだったので、

この展示はぜひ見に行きたいと思っていたのでした。

(そしてウチからはわりと近いのです。)




美しいものをつくろうとしてつくられたものだけではなく、

むしろ見る人によってはゴミに見えてしまうものの中にも、

美しさを見つけることもある。



同じものを見ても、どう感じるかは人それぞれで、

なんでもないようなものの中に美を見つける目のすごさを感じました。




建物は建築家・中村好文さんの設計で、

何度行ってもいい空間だなぁと思わされます。

全体のつくりはもちろん、

細かいところへのこだわりや工夫がいっぱい。

住宅をつくることが多い方なので、

こうやって訪れることができる場所は貴重です。

(他にもいくつか設計されたショップなどありますけど)



そしてそのおだやかな空間の中でコーヒーを淹れてくださるのですが、

今回は「白の消息」展にちなんで、おいしい牛乳もいただきました。


as it is 2




そして。

写真はないのですが、

昨日は静岡から友人が来ていたので、

神楽坂「カド」でランチ。

古い一軒家を改装したお店です。

友人には「こういうの好きそ~」と言われてしまいました(笑)

そう、こういうの大好きなの。



帰りには、

ラ・ロンダジルで伊藤環さんの個展を見てきました。

人気がある方(お店も)なんですね、

平日の昼間にもかかわらず、けっこうたくさんの人が来ていました。

パッとみると陶器には思えないような独特な色や質感がとてもいい感じでした。



あしたは「奈良のたからもの展」に行きたい。

仕事の打ち合わせが早く終わりますように・・・。

02/17 20:32 | お出掛け | CM:6 | TB:0
鉄平

日曜日といえば、

TV「華麗なる一族」の日 (笑)



最近あまりドラマを見ていなかった私なのですけど、

これは毎週ハマッてみてしまっています。



ドロドロのストーリーもすごいですし、

セットも俳優もすごくてけっこうおもしろい。



その中でいつ見てもいいなぁと思うのが、

鉄平(木村拓哉)の家のリビング。



石の使い方といい、

水平に広がる感じといい、すごくカッコよくて

ここでのシーンになると、

部屋のことに目がいってしまい、

話に集中できなくなってしまいます。

職業病かもしれません・・・。

02/11 23:50 | いろいろ | CM:6 | TB:0
くるみの木

くるみの木

ちょうど1年くらい前、

勤めていた設計事務所を辞め、独立の準備期間の頃。

こんな時期じゃないと長く休んでゆっくりすることもないだろうと思って、

1ヶ月くらい旅行をしていました。



海外にも行きたいところはたくさんあるのですけど、

日本のいいところを見てのんびりしたいと思って、

行き先は京都・奈良。



何度も旅行で行った事はあるけれど

駆け足でいろんな場所を見て廻るのではなく、

住むような感覚で時間を過ごしたいと思ったからでした。



その時に泊まった奈良のくるみの木(秋篠の森)。

ずっと以前からいろんな本で見かけるたびに、

行ってみたいと思っていた場所で、

建物も、設えも、料理も、器も、心くばりも本当にすばらしくて、

居心地のいいところでした。

またもう一度いってみたいと思うところです。



その「くるみの木」主催の「奈良のたからもの展」が、

東京・代官山の 奈良県代官山iスタジオ にて開かれるそうです。

2/15(木)~2/19(月)まで。



今日家に帰ったら素敵なDMが届いていました。

奈良生まれの生活や食べ物の展示をされるようで、

時間をみつけて行ってこようと思っています。

02/08 23:06 | お出掛け | CM:11 | TB:0
ネガティブなことを

先日の日記にコメントをくださったみなさま、ありがとうございました。



ブログをはじめる時に思ったのは、

どんなことを書くにしても、

ネガティブなことは書かないようにしようということでした。



それを破って思いっきりネガティブな気持ちを書いてしまって、

よくなかったよなぁと思ってたのですけど、

そのおかげでうれしいお言葉をいただいて、とっても救わました。



本当は気持ちが持ち直した時に、

先日の日記を消そうと思っていたけれど、

もったいないので、このまま残しておくことにしました。

心からありがとうを感じているので。

02/07 23:00 | いろいろ | CM:4 | TB:0
ワケ

人は、

考え方も価値観も本当にそれぞれなので、

人のことをわかることはできないのだとは思うのだけれど。



それでも、

相手をわかろうとすることや、

自分をわかってもらおうとすることを大切だと思っている。





最近そんないろんなことを否定されることがあり、

どうしたらいいのかよくわからなくなっていて。



このブログを書くこと自体も思いっきり否定されたり・・・。

まぁ、それはだいぶ以前からのことだけど。




というのが最近ブログを毎日書けなくなってしまったワケなのです。

暗いネタでごめんなさい。

02/04 23:00 | いろいろ | CM:13 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。