スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ついに!!

またしばらく日記をかかなかった間にも、

現場はどんどん進んでいて、


地鎮祭1

↑こんなきちんとした地鎮祭をやったのが、

6月30日のことでしたから、

それから、もうだいぶ時間は過ぎ、






おととい6日、

ついに、上棟しました!!

上棟1
(↑棟梁の背中、なんてカッコイイ!!)





「上棟」というのは、

文字の通り、

棟(ムネ:屋根の一番高いところの部材) が上がるということで、

一日で柱や梁をすべて組み上げて、

家の骨組みをつくってしまいます。



この日の上棟は、

8人の職人さんで行っていたのですが、

本当に手際がよくって、

あっという間にカタチができあがっていきます。





そして、

通常の上棟であればここまでで終了なのですが、

今回使用する屋根材は、

すでに断熱材まで入れて、工場でパネル状に加工してあるもので、

それを屋根に乗せてしまうところまで、

同じ日に工事を進めます。

(材木を吊り上げたクレーンがあるので、それを使って同じ日に。)



上棟2

↑こうやって、

ある程度のサイズに加工された屋根パネルが、

どんどん取り付けられていきます。

(この屋根パネルを使っているのは、

 作業性がいいということと、断熱性能がとても高いということからです。)





そんな風にして、

この日1日で、家の輪郭が出来上がっていったのです。






長い時間をかけて、

打ち合わせをたくさんして、

図面もたくさんかいて、

模型もつくって、

何度も何度も確認もしたけれど、




それでも、

考えてきたものが実際の大きさでカタチになる瞬間というのは、

楽しみだと思う気持ちはほんのちょっこっとだけで、



とても緊張していたし、

すごく怖くもあったし、

前の日はあまり眠れなかったのでした。

(小心者・・・)





そんなドキドキした気持ちで1日を過ごし、

無事、屋根パネルの取り付けまで終わった後、

みんなで乾杯をして、

お住まいになる方のうれしそうな顔をみて、

やっとホッとした気持ちになったのでした。





この家の構造材(柱や梁)には、

静岡・天竜の、

天然乾燥の杉と桧を使っています。

上棟3

こんな写真ではあまりよくわからないとは思いますが、

色もツヤもとてもきれいです。



もう少し工事が進んだ段階で、

構造見学会もやる予定ですので、

見たいと思ってくださる方がいらっしゃるようであれば、

ご連絡いただければ、案内をいたしますので、

ぜひどうぞ。



   設計 : いろは設計室  橋垣史子
   施工 : 女性建築家チーム 

スポンサーサイト
08/08 23:30 |   1.宝の家 | CM:9 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。