スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
さくら
sakura-5

東京ではあちこちでさくらが満開です。

今日は天気もいいので、

きっとお花見をしている方も多いのでは。



そんな姿を横目に、

今日も部屋の中で仕事をしているのですが、

仕事場の窓からはさくらが見えるので、

ちょっとだけお花見気分。
スポンサーサイト
03/29 12:09 | 雑貨・植物 | CM:2 | TB:0
先のこと
自分で仕事をはじめようと思ってから、
たくさんの方にアドバイスをいただいてきました。

その中で、
常に意識しているのは、
目先のことだけではなく先々のことを考えて、
今すぐには必要なくても、
そのために投資していくこと。
時間も、お金も、気持ちも。

それはすぐには結果のでない一見ムダなことを
きちんと続けていくことなので、
他人にバカにされることもあるし、
自分自身が不安にもなってきます。

この2~3年、
そんなことを意識して実行してきましたが、
やっぱりそれでよかったとつくづく実感しています。

そして今。
この先のために何をするべきか、
しなくてはいけないか、
とてもはっきりとしていることがあるので、
それに向けてただ今準備中。
私の努力だけではどうしようもない面もありますが。

いい人に出会いたいと思う今日この頃です。
03/23 20:24 | いろいろ | CM:0 | TB:0
オープンハウス
先週末は友人のオープンハウスへ行きました。

広い敷地に中庭のあるゆったりとした平屋の家。
おおらかで開放感があって、
でも丁寧につくり込まれていて、
とても気持ちのいい家でした。

こうやってがんばっていらっしゃる方のお仕事をみせていただき、
お話をすることは、
勉強になることもたくさんありますし、
なによりとてもいい刺激をうけますので、
できるだけ伺わせていただくようにしています。

そしてその家の施工をされた工務店の方もいらしたので、
少しお話をさせていただきました。

以前より、
他の建築家の方の設計した家などの雑誌記事で
会社のお名前は拝見していましたが、
初めてお会いして、施工した家を見せていただきました。

とてもきれいな仕事をされていましたので、
自分が千葉での現場があるときには
いつかお願いできればと思いました。

設計をご依頼していただく方によって、
建築場所はそれぞれですので、
いつも同じ工務店さんというわけにもいきません。

できるだけ建設現場に近い方が、
工事中も住みはじめてからもいいので、
こうやっていろんな場所のいい工務店さんと出会うことは
設計をやっていく上でとても大切なこと。

同じ設計でも誰がつくってくれるかによって、
大きくかわってしまいますので。

そして、
いい工務店さんにつくっていただけるには、
いい設計者であることが当然求められますので、
私ももっともっとがんばろうという気持ちになった1日でした。
03/20 23:00 | 家・建築 | CM:2 | TB:0
人柄って
居間


その時つくづく思ったのです、
人柄ってその人がつくるものに
こんなにもあらわれるものなのだなぁって。

この写真のダイニングテーブルとイスは
Holly Wood Buddyという家具屋さんを名古屋でやっている
宮嶋浩嘉さんにつくっていただきました。

材料はテーブルもイスも国産のくるみ。
木のかたさも色も木目も、
この家の雰囲気にあわせて選びました。

この写真からはわかりませんが、
ちょっとした部分の寸法や形状、仕上げ方など、
どこをみてもとても心配りがあって、
本当にいい家具だと思います。


初めて宮嶋さんのつくる家具を知ったのは、
4~5年くらい前。

つくっている家具のデザインも
とても好きだと思いましたが、
その後2回お店に伺ってお話をさせていただいた時には、
そのやさしく丁寧な人柄がひしひしと感じられたのでした。

やっぱりこういう素敵なモノは、
素敵な人がつくっているのだと
実感したのでした。

それはオーダーするときのやりとりや、
配送についてのこだわりにおいても、
自分のつくったものをとことん大切にされていることが伝わってきました。

HPには、
木や家具に対してのまっすぐな気持ちが
いつも短い言葉の中にもしっかりと語られていて、
いつかこの方に家具をつくってもらおうと思っていたのが
今回実現したのでした。

そしてもちろん自分用にも
このイスともうひとつ別のイスをつくっていただきまして、
仕事場でつかっています。

座面はヌメ革なので、
色の変化を楽しみながら、
成長を心待ちにしています。

はやくもっといい色になりますように。
03/14 22:03 | 家具 | CM:12 | TB:0
おかえりなさい
夜、家に帰って来た時に、
「おかえりなさい」 と
やさしく迎えてくれるような玄関。

外観1
03/10 17:07 |   1.宝の家 | CM:8 | TB:0
できることは自分で
塗装


リフォーム(戸建)、工事が終わりました。

床には飯能(埼玉)の杉の木を張っています。
板の幅は17センチくらいあり、
一般的なものよりも幅広なので、
全体が広くすっきりとした印象になったと思います。

床には自然塗料を住まい手が自分たちで塗りました。
できることは自分たちで。
もちろん私も参加で。

日頃の運動不足の結果、
次の日には腰が痛くてどうしようもなくなったことは
言うまでもありません(泣)
でもものすごい充実感です。

ちょっと見えている窓ともうひとつの窓には
障子が入ります。

もうちょっとで入るかと思います。
(ゴメンなさい)
03/06 23:00 |   3.日暮里の家 | CM:0 | TB:0
美しさに気付く
直島04



行ってきました、直島へ。

直島はベネッセの福武会長の構想のもと、
安藤忠雄さん設計のミュージアムや宿泊施設などがある香川県の島で、
島のいたるところに現代アートの作品が置かれています。

以前、高松での仕事があった頃、
2年くらいは設計・監理に通っていたことがあるので、
その間に2回ほど直島へは足を運んだことがありました。
いずれも日帰りで。

が、
しかし、
今回は新しくできたPARK棟(安藤忠雄さん設計の木造)に1泊し、
ゆったりとアートと自然を感じてきました。

しかも福武会長安藤忠雄さんもご一緒。
ものすごく刺激的なおもしろいお話もお聞きしました。

島にあるアート作品も建物も素晴らしいのですが、
それよりもとても強く心に残っているのは、
自然の美しさ

直島01


こんな風に、
まだ月の見える時間から丘の上の建物の屋上にのぼって、
海の向こうから朝日が昇るのを眺めてボーっとして。

忙しく毎日を過ごしていると
あまり気付くことのないあたり前にある自然の美しさ。
その大切さに感謝して。

直島02


そして。
旅は誰と一緒に行くのかも大切。
同じものをみること、
同じ想いを共有すること。
あぁ、ホントに楽しかった!

新しいたくさんの出会いにも感謝。
ありがとう。
03/05 23:50 | お出掛け | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。