スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
名刺入れ
先日、名刺入れを買いました。

BREEというドイツのお店のもので、
ヌメ革のものです。

使う前に2~3週間くらい日光浴させることで、
うすく色がつき始めて、
革の表面に保護膜ができて汚れがつきにくくなるそうです。

ということなので、
手に入れたものの日光浴をさせて育て中なので、
まだ使えていません。

使い始めてからも
ときどきはクリームで手入れをしたりして、
ちょっと手間がかかるのですが、
いい感じになじんで、
いい色になっていくので、
そのだんだんと育っていくところに
たまらなく愛着を感じてしまいます。

そういえば、
昨年末に事務所へやってきたイスの座面もヌメ革なのですが、
こちらもちょっとずついい色になってきました。

自分が設計をして建物をつくるときにも、
時間が経つうちに
味わい深くいい感じになっていくものを
できるだけ使うようにしています。

ムクの木とか、
紙とか、
土とか。

プラスチックやビニールでできたものは、
手入れのいらないものが多いですし、
キズもつきにくいので、
そこがいいと思う方も多いのかもしれませんが、
そのようなものは新しい時がいちばんキレイで、
時間が経つにつれて、
どんどん汚く古くなっていくように思います。
(もちろんそれを使わざるを得ない箇所もありますが。)

大切にされて、
長くかわいがられる建物をつくりたいので、
素材にこだわることはとても大事なことだと思っています。
スポンサーサイト
04/24 23:45 | 雑貨・植物 | CM:0 | TB:0
ゾウ
いまさらですが、
この本とってもよかったです。

「夢をかなえるゾウ」  水野敬也 著 

ゾウ

これを読んで新たにいくつかのことを
意識するようになりました。

あまりにも読みやすい本ですが、
けっこう深かったです。
04/20 20:36 | 本・言葉 | CM:2 | TB:0
自分を信頼する
友人にあるモノづくりをする人がいます。

正確にいうと、
大学でその勉強をしたのですが、
「この世界で食べていくのはむずかしいから」
と言って別の就職をして、
そのモノづくりは少し家でやっているくらいで、
仕事にはしていません。

本当はそのモノづくりだけでやっていきたいと言うのですが、
それは自分ではまずムリと思っているようで、
なかなか活動は始まりません。

何度もその話を聞いていて、
正直、自分自身ができないと感じているようだとできないだろうなぁと
そう思ってしまいます。
応援したいのですが。

そう思っていたところ先日、
本田健さんのセミナーのQ&Aで
同じようなことを質問している人がいました。

「写真やウェブデザインの仕事をしていて、
 自分ではこれをライフワークとしたいが、
 実際にはなかなか仕事がない。評価されない。
 どうしたらいいか」
といったような話でした。
(ライフワークがテーマでした)

ものすごく驚くほど見事な回答でした。
質問した本人だけではなく、
聞いている人すべてが自分のことに置きかえて聞けるように
わかりやすく順を追って話してくださっていました。

要約すると、
「自分で自分をダメだと思っているからうまくいかない。
 自分のやることをまず自分が信頼する。
 自分を信頼できるとそう思えた時に、
 多くの人に支持されるようになる」
といった内容でした。
(実際は言い方や話の流れも含め、もっと感動的でした)

本当にそうだと思うのです。
けど自分のことを信頼するってそう簡単ではない。

自分のことを信頼するためには、
経験も、技術も、知識も、センスも必要だし、
人から認められる体験も大切なことなので
心から自分を信頼すること簡単ではないけれど、
そのことなしにはうまくいかない。

逆に考えると、
自分にできると思えることは、きっとできる。

まずはひとつひとつやってみること
それしかないと思うのです。
04/13 22:30 | いろいろ | CM:2 | TB:0
満開
sakura

昨日まで3日間、
行徳(千葉県市川市)で1月に完成した家のオープンハウスでした。

3日間とも最高のお天気の中、
本当にたくさんの方にお越しいただきまして
ありがとうございました。

家の前の桜は満開。
2階の窓からは桜に手が届きそうなくらい。

設計しながら
この景色をずっと思い描いていたわけですが、
やはり実際にこのずっと続く桜並木を上から見ていると、
あまりの迫力に言葉を失って、
ただただぼーっと眺めていました。

この写真の窓、
何気なく見えると思いますが、
けっこういろいろと工夫を重ねてつくっています。

大工さんにはとても嫌がられながら、
がんばってつくっていただきましたが、
そのかいあって、
来てくださったたくさんの方に喜んでいただき、
なによりお住まいになる方に喜んでいただけていると思うので、
そのことが何よりもうれしいのでした。
04/06 21:32 |   1.宝の家 | CM:6 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。