スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
アスクル
仕事場で使っている文房具などは、
だいたいアスクルで注文しています。

品揃えが多くて、
安くて、
頼むとすぐ届けてくれるところがいいのはもちろんですが、
カタログがものすごくよくできているなぁと
いつもいつも思っていました。

ものすごい情報量なのに見やすく、
比較がしやすく、
写真がわかりやすく、
デザイン的にもきれいだと思います。
(有名デザイナーが手掛けているそうです)

オリジナル商品のデザインやパッケージも
とてもいいものがたくさんあります。

そして、新しいカタログに変わるときには、
以前頼んだものが、新しいカタログではどこに掲載されているか、
リストになったものが届いたりもします。
私もこんな風に気がきく人になりたいといつも思ってしまいます。


そんな「アスクル」も取り上げられている本があり、
最近とてもおもしろく読みました。
そしてとても参考になります。
(デザインの、というより、ブランディングの)

本

 「企業力とデザイン」   発売元:ピエ・ブックス

商品やブランドを展開していく上でのデザインとの関係性、
企業とデザイナーとのやりとりなどについて、
9つの事例について取り上げられています。

「商品がいい」だけではなく、
そのよさをいかに伝えるかが大切だということを
あらためて考えさせられる1冊です。
スポンサーサイト
08/31 23:42 | 本・言葉 | CM:0
木の皿
kinosara

3年前の松本クラフトフェアで手に入れた木のお皿。

毎日使うわけではないけれど、
ときどき乾いてきたらオイルを塗ったりして、
時間が経つほどいい風合いになってきています。

私はあまりマメな方ではないので、
日々きちんと手入れすることが
得意ではないのですが、
それでもなぜか突然無性に、
革製品や木の器をみがきたくなる時があり、
そうするとモノはきちんとそれをよろこんでくれて。

そんな時間を重ねるごとに、
だんだんといい感じになっていき、
愛着がわいてきます。


私が設計している家には、
ムクの木を多く使っていますが、
プラスチックなどの建材でつくられたものに比べると、
気持ちよく住み続けていくには、
やはり手入れが必要になってきます。

みがいてあげたり、
塗装してあげたり。

そんなにいつもいつも頻繁に
メンテナンスをしなくても大丈夫ですが、
その丁寧に接する気持ちに、
きっとモノも応えてくれるのだと思います。
08/21 23:30 | 雑貨・植物 | CM:2
掲載
はやくここで紹介しなくちゃと思いながらずるずるとしてしまい、
先にkanaeさんにコメントをいただいてしまいました・・・。
(ひとつ前の日記にです)

お知らせしていなかったのに、
見つけてくださってうれしいです。
ありがとうございます。

book

今年の初めに竣工した住宅が、
現在発売中の本(別冊)に掲載されています。

「30坪以下の土地に理想の家を建てる」 
発行:主婦と生活社


全体的に写真が明るめなので、
実際とはちょっと雰囲気がちがいますが、
とても丁寧に取材していただきました。

takara

本屋さんでみかけましたら、
ご覧いただけると幸いです。
52ページから6ページ掲載されています。

最後の方に顔写真が載っているページがあるのですが、
真夏に発売なのに、
暑苦しい格好でスミマセン。
08/18 23:06 |   1.宝の家 | CM:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。