スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
くりむしようかん
youkan

先日友人が来たときにいただいた栗むしようかん。
近所(人形町)にとってもおいしいお店があるのです。

季節が限られますが本当においしいので、
こちらへいらっしゃることがある方は、
お教えしますのでぜひご連絡ください。


なんて。
のん気なことを書いていますが、
今日は台風が接近してきてますね。

おかげで今日予定していた上棟式は延期になりました。

ここ何年か、晴れてほしい日には、ほぼ雨がふってしまい、
雨女なのだということは、
うすうす気がついてはいましたが、
今回はこんなに大切なときに台風がきてしまいました。

・・・。


スポンサーサイト
10/30 23:00 | いろいろ | CM:2
花の会
hana

今週は月に1回通っている花の会があったので、
ここのところ部屋にはかわいらしいお花がいっぱい。
気持ちをとっても和ませてくれています。

以前先生が雑誌に連載されていたのを見て
その自然でやわらかなお花と、
そこに書かれていることから感じられるお人柄に
とっても惹かれたことがきっかけで、
昨年のカフェのオープンと同じくらいの頃から通わせていただいています。

花を長持ちさせてあげることや手入れなど
知っておかなくちゃいけないこともあるけれど、
先生がいつもよくおっしゃっているのは
「花まかせ」

花はそのままでもじゅうぶんにかわいいのだから、と
無理にカタチをつくったりせずに、
花の声を聞きながら、自然な感じでしつらえることを
教えていただいています。

とはいえ、
同じ花材でも、いける人によってぜんぜん違った雰囲気になって
おもしろいなぁと思います。


ちなみに先生は今年の夏に、
その世界感がとっても伝わってくる素敵なご著書を出版されています。
 「いつも、花のこと」 




hana

(↑この写真は7月頃の花の写真です)
10/20 23:00 | 雑貨・植物 | CM:0
大切に、丁寧に
W

昨日軽井沢で見学させていただいた山荘。

1970年竣工ですから、
もう40年経った建物なのですが、
お使いになる方の代が変わっても
大切に丁寧にされていることが伝わってきました。

以前から本で写真や図面を見て想像していたよりも
さらに居心地のいい空間で、
設計の細やかさや気持ちのよさなどに感動するとともに、
それが時間を経ても美しく維持されていることにも
とても心を打たれました。

10/17 23:00 | 家・建築 | CM:0
軽井沢
kouyou

本日は軽井沢へ行ってきました。

とっても天気がよかったですし、
だんだんと紅葉がはじまっているところもあって、
四季の移り変わりを感じながら、
気持ちのいい1日を過ごしてきました。
10/16 23:50 | お出掛け | CM:0
木を見に山へ
seizai

何年か前から木を丸太で購入し、
それを自分のほしい板や柱・梁などの寸法に製材して、
使えるようになるまで乾燥させていました。
(製材の時のことはこちらを → 

使えるくらいまで乾燥してきたので
まずは自分の事務所のテーブルに使用していることは
以前にもちょっと書きましたが

現在工事が進行中の家にもたくさん使うことになり、
施主・つくり手・設計者みんなで木を見に山へ行ってきました。

あっちにもこっちにも板を使うところがあるので、
どの木をどこに使うのがいいのかを
つくり手であるこの方たちに見ていただき、
具体的にひとつひとつの行き先が決まっていきました。


ちなみに板を製材してるとき(2年くらい前)の様子はこんな感じ。
ogura
大きな機械が大きな音を出しながらどんどん製材していきます。
ものすごくきれいな木(オニグルミ)でした。

いつもこんなにキレイだとは限らないので、
製材はいつもドキドキしますが、
そこも含めてとても楽しいですし、
何よりも設計した家に手の届く価格でいい木を提供できるので
これからも続けていこう思っています。

いつもお世話になっている製材所はこちらです。
10/15 23:00 |   7.流山の家 | CM:0
nihonbashigawa

事務所の近くの橋からの景色です。

まわりは川が多いので、
そのおかげかアスファルトに囲まれたところよりは
だいぶ涼しく過ごせたのではないかと思っています。
とはいえ、今年の夏は本当に暑かったですね。

この夏はよくもこんなにと思うほど図面をかきまくっていたので、
エアコンをずっとつけ続けてしまいました。

できるだけがまんしたつもりだったのに、
電気料金がすごいことになってしまいました・・・。
10/14 23:00 | いろいろ | CM:0
1年点検
1年

ブログをかいていない間、たくさんのことがありました。

日進の家の1年点検。
といっても、お伺いしたのは5月ですから、
もう5ヶ月近くも前・・・。

(今さらだとは思うのですが、)
1年経って、家がだんだんと暮らしになじんできているように見えました。
大切に丁寧に暮らしていらっしゃる様子がうかがえましたし、
お住まいになっている方から、
とても暮らしやすいと言っていただき、
うれしく、ホッとしたのでした。


1年後にどのように変化したか気になっていたことのひとつが、床板。
この家では1階の居間・食堂部分に床暖房を入れているのですが、
ムクの床板(桧)を使っています。
ムク板なので合板フローリングと比較すると
乾燥して板と板の間に多少の隙間ができることもありますが、
この日見せていただいたところ、問題のない状況でした。
ホッ。

一般的に床暖房用のムク床板というと、
特別に含水率(木がどのくらい水を含んでいるか)の低い、
床暖房用として販売されているものを使うということになっていますが、
普通の床材に比べてとてもとても高価なので、
なかなか使うことがむずかしい。

なので、床暖房用として販売されている程ではないのですが、
よく乾燥した材料を選んで、
最初の年は床暖房の温度を低めに設定して使っていただくようにしています。

合板フローリングであれば隙間が開く心配はありませんが、
やっぱりムク板の方がぜったいに気持ちいいですものね。


そしてお庭。
伺ったのが新緑の時期のとてもよく晴れた日でしたので、
葉がキラキラと輝いていて、家をとてもやさしく感じさせてくれていました。
1年経ってますます美しく成長していました。
絶妙な配置と枝ぶり、樹の選び方。さすがです。

現在工事が進行中の流山の家も
日進の家と同じ造園家の方にお庭をつくっていただくことになっているので、
それも今からとても楽しみです。
10/13 23:00 |   6.日進の家 | CM:0
基礎工事
kiso

しばらくブログをお休みしていましたが、
先週でちょっとひと息つけるようになったので再開です。
どうしたのかとご心配くださる方々も多く、申し訳ありませんでしたが、
かわらず元気にしています。

その間に事務所をスタートして4年が過ぎ、
5月からは5年目に入りました。
あっという間ですね。

最初に思い描いていたよりも、
だいぶ恵まれた状況でお仕事をさせていただいており、
本当にありがたいことだと思っています。

そして、
今年の初め頃から設計をスタートしました家が着工しました。
写真は基礎工事(配筋)の様子ですが、
その後コンクリート打ちまで終わり、
現在はコンクリートの強度を出すための養生期間です。

いろいろな大好きな方々にもかかわっていただき、
楽しい家づくりになっていくと思いますので、
今後も工事の様子をお伝えしていこうと思います。
10/12 23:00 |   7.流山の家 | CM:2
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。