スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
古いもの
kottouiti

古いもの、時間を経たものが好きなので、
古道具屋さんやアンティークショップだけではなく、
最近は時々、骨董市へも行くようになりました。
かなり早起きをして。

行く時によって出店している方も違うし、
ひとことで古いものといっても色々なジャンルがあるので、
行く度に新しい発見があって楽しいです。

そのものがいつ頃、どこで、どんな使われ方をしていたのか、
そんな話をお店の方から教えていただくのもおもしろいし、
知ることによって、より大切にしていこうという気持ちが
さらに大きくなります。

工業化、機械化による大量生産の世の中になる前の時代に
ひとつずつ人の手によってつくられたものが多いので、
それが時間を経て、いい味わいをもったものになっているところに
とても心魅かれます。


ものについてだけではなく、家についても。

出来上がった時がいちばんきれいで価値があるのではなく、
時間をかけて丁寧に使っていくことによって、
味わいや風合いが出てくるのがいいなぁと思うのです。

そうやって手入れをしながら長く使っていくことによって
ものはだんだんと使う人になじんでいき、
暮らしに寄り添ってくれるようになっていくのだと思います。
スポンサーサイト
07/25 23:00 | 雑貨・植物 | CM:2
ル プティ ブルジョン
シュガーポット

月に一度通っている花の会でご一緒しているちはやさんが、
北欧などヨーロッパのアンティーク食器&雑貨のお店(ネットショップ)をはじめました。

お店の名前は、
ル プティ ブルジョン

ご自身で買い付けていらっしゃったそうで、
雰囲気のある素敵なものばかりです。
北欧雑貨の好きな方にはとてもオススメ。

先月オープンされたときに早速注文させていただいたのが、
上の写真のいちばん手前にあるシュガーポット。
どれもこれもかわいいものばかりなので、かなり迷いました。

ふだん自分でコーヒーや紅茶を飲む時には砂糖を入れないのですが、
来客時に出すためにシュガーポットがほしいなぁと
ずっと思っていたので、かなり活躍しています。

07/19 23:00 | 雑貨・植物 | CM:0
内覧会のご案内
nagareyama-h

今年の4月に完成しました「流山の家」の
内覧会をさせていただけることになりましたので、
ご案内をさせていただきます。

日時:2011年7月30日(土) 11:00-16:00
場所:千葉県流山市
   (詳細な場所についてはご連絡いただきました方へお伝えします)

設計・監理:いろは設計室
施工:株式会社 吉川の鯰

参加をご希望されます方は、
このブログの左側にあります「メールフォーム」からメールをお送りいただくか、
もしくは、
下記の連絡先までお問い合わせ、お申し込みください。
追ってこちらから詳細なご案内をお送りいたします。

建物は個人の住宅となりますので、
参加をご希望の方は、
お名前、住所、電話番号を明記の上、ご連絡くださいませ。


お問い合わせ先
いろは設計室(橋垣史子)
TEL:03-6661-9093
FAX:03-6661-9094

07/15 23:00 |   7.流山の家 | CM:0
もうすぐ
kawa

ホント暑い日が続いてますね。

事務所は川に面しているいうこともあってか、
朝夕はわりと涼しく過ごせているのですが、
窓に庇がないので昼間は直射日光がものすごいです。
あついー。

建物をつくる上での基本的だけれども大切なことを実感して、
あらためて考えさせられます。


さて。
昨年から打ち合わせを進めていましたリフォーム計画、
いろいろと調整に時間がかかっていましたが、
ようやく工事がはじまりそうです。

予算を調整する中では、
当初予定していたものを中止したり、
お住まいになる方がご自身で工事する部分を増やしたり、
そんな変更がいっぱいありましたが、

そのやりとりを重ねていく中で、
本当に必要なもの、
あったらいいけどなくてもいいと思えるもの、など、
よくよく吟味していくことができたのは
とてもいいことだったのではないかと思います。
07/12 23:00 | 家・建築 | CM:2
キャンドル
rousoku

震災以降、
以前よりキャンドルを灯す機会が多くなっていましたが、
この暑さになってからはすっかりお休みです。

電気も使わないし、
雰囲気も好きなのですが、
やっぱり暑い!

まだ梅雨明け前なのにこの暑さ。
この先の暑さが怖くなりますね。
くれぐれも体調には気をつけてお過ごしくださいませ。
07/09 23:00 | いろいろ | CM:0
製材
seizai

昨年から今年にかけて買っていた木(丸太)を製材するために
いつもお世話になっているオグラさんへ行ってきました。

今回製材したのは、オニグルミの木を3本。
どれも直径が50センチくらい、長さが2メートル以上あるので、
1枚でカウンターに使ったり、
2枚をはぎ合わせてテーブルにしたりできます。

丸太の状態で購入しているので、
製材する時には、中がどうなっているのかいつもドキドキします。
今回はどれもきれいな木でしたが、
特に上の写真の1本は節もなく、木目も美しかったので、
今後乾燥してから使用するのがとても楽しみです。

ムクの木の厚さは、
使う場所によって適切な寸法がありますし、
人によって好みがあると思いますが、
こうして丸太で購入して製材する場合は、
自分が設計の中で使う時にほしい寸法を想定しながら製材できるので、
ムダなく木を使うことができているのではないかと思います。
07/08 23:00 | 家・建築 | CM:0
template design by takamu
Copyright © 2006 Fumiko Hashigaki All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。